リフエ

ハワイのカウアイ島を観光するのならリフエへ

はじめに

もしかしたら、ハワイのカウアイ島へ旅行に行く人ともなれば何度もハワイを訪れてその魅力のとりこにすでになっている人なのかもしれません。

カウアイ島はハワイの中でも最も古い島とも言われているのですが、島のサイズはオアフ島とほぼ同じとなっています。

カウアイ島のリゾートがある南部や沿岸部といった場所は比較的晴れの日が多いためまさにリゾートのための場所とでも言うべき気候をもたらしてくれています。

ですが、内陸部ともなると年間降水量が多く、熱帯雨林があります。

カウアイ島のリフエへのアクセス

まず、カウアイ島のメインの空港と言えば、リフエ空港と言えるでしょう。

ですが、日本からの直行便はないためホノルル国際空港で乗り継いでリフエ空港へ到着、ということになります。

また、リフエ空港からリフエの町へはシャトルバスを利用することができます。

ですが、安心してホテルに到着したいと思っているのなら事前に日本からシャトルバスを予約しておくことをオススメします。

カウアイ島他のハワイの島とは異なり公共交通機関があまり発達していません。

ですから、もしカウアイ島全土を自分で回ろうと思っているのならレンタカーは必須となるでしょう。

なぜリフエか

なぜ、カウアイ島を訪れるのならリフエかというと、空港からも近い距離にあり、カウアイ島の経済の中心でもあるからです。

また、カウアイ島でホテルが集まっている地区はポイプとリフエと言われています。

空港からのアクセスも他の地区と比べるとラクで、宿泊施設もかなりあり、ショッピングセンターもあるのでリフエはオススメです。

また、リフエから観光ツアーなどもでています。

リフエ自体にもカウアイ・ミュージアム、メネフネ養魚池、ワイルア滝など見所があります。

観光ツアーを利用する

ホテルが集まっているからか、観光客がよく訪れるからか、リフエからは多くのリフエ近郊を訪れる観光ツアーがあります。

公共交通機関の発達していないカウアイ島ですから、レンタカーを使用できないのであれば、これらの観光ツアーを利用するのがカウアイ島を楽しむ方法の一つではないでしょうか。

上手に観光ツアーを利用すれば自分でレンタカーを借りて観光するよりもピンポイントで効率よくメインのスポットを訪れることができるかもしれません。

まとめ

海外旅行に慣れていなくて英語にも不安を感じている人は、できるだけツアーなどを利用して観光するのもいいのではないでしょうか。

ネット上でもかなりの数の観光ツアーを予約することができます。

また、日本語対応のサイトも驚くほど多いので現地で不安な思いをするのを避けるためにも日本でできる限り旅行の手配をしていくといいかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP